DiaryG

気になったこと、考えたこと。クラシックギターと法律の勉強がメインコンテンツ。

練習の留意点

何かを勉強、練習するにあたって、これは気をつけるべきと思うことの覚え書き。要は、巷で言う所のPDCAサイクルにおける注意点を自分用にまとめたもの。

 

1 Plan

何を、いつまでに達成したいか明確に定める。

目標達成のための方法、手段を探すにあたって、独善的にならない。先人の取り組み方をよく理解する。

2 Do

実行してる間に不信感を抱き過ぎないこと。

3 Check

本当に進展してるか、客観的な判断基準が必要

。ただし、継続しなければ結果が出ない場合も多いため注意。実は手段方法を見直すタイミングを決めるのが一番難しいと思う。

あとは、本当にちゃんとやってるかどうかを見るため、記録を取る。

4 Action

より良い方法を探すことに貪欲に。

 

ギターの練習については、枠組みが色々ある。各々の曲が枠だったり、曲にしても部分部分で小さな枠があったり。

 

自分の目標を動機の強さから並べていくと、

 

・表現や編曲作曲の観点からギターの可能性を拡げ、人々に伝える

・ギター自由自在、思った通りに何でも弾ける

・ギターのことばかりを四六時中考えられる日々

・ギターの先生になってより経験や知識を深める

・コンクール入賞

 

こんなところか。土台を作っていくことから始めなければ。まずはコンクール入賞。

 

とまあ仰々しい目標を立ててはいるものの、現実的な到達点は片田舎でギター教室をやる、という所かもしれない。その地域ではそれなりに有名な奏者というか。それですら遠く険しい道のりだけど、決して不可能ではない。と信じる。

 

如何に小さい目標を具体的に設定して、モチベーションを継続できるかが勝負。頑張りたい。

 

 

広告を非表示にする